忍者ブログ
UFO
普通のブログだけど何か?
[1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

排他的経済水域 (Exclusive economy zone)
国連海洋法条約に基づき、漁業や鉱物などの天然資源の開発等について海岸線で囲まれる国が権利を有する水域のこと。

本条約では沿岸から200カイリ以内が権利水域と定めており、外国漁船は権利国の許可がないと操業ができない。
北方4島を日本固有の領土と主張している日本は、これら4島の周辺水域も日本の排他的経済水域と位置付けている。

2001年夏、韓国がロシアとの合意に基づき、日本の許可なく4島周辺でサンマ漁を行ったことに、日本は「主権を侵害する」と反発した経緯がある。

マグロの漁についてもですが...
最近、マグロの漁についてもいろいろ言われていますね。
折角の排他的経済水域なのに...

なんの為に、この水域があるのか分からなくなってしまうくらいになってきてしまう
まあ、確かに、マグロはいなくなっても困るけど←
PR
まず、円高円安について、仕組みを簡単に説明します。

まず、この2つの場合を比べて見ましょう。
・1ドル=100円の場合
・1ドル=200円の場合

この2つを比べた場合、
円高なのは ・・・ 1ドル=100円
円安なのは ・・・ 1ドル=200円
となります。

よく、円高と円安を反対に捉えてしまう人もいるのですが、
「円高 ⇒ 円の価値が高くなる ⇒ 円の価値が高いから、円を少し支払うだけでドルが買える」
「円安 ⇒ 円の価値が低くなる ⇒ 円の価値が低いから、円を多く支払わないとドルが買えない」
ということです。

お金というものがまだない時代、人は物々交換をしていましたが、それは現代社会についても似たようなことをしています。
100円を1ドルに交換するのも、「100円玉」と「1ドル紙幣」の交換です。
ですので、この円高円安を物々交換で例えてみたいと思います。

自分がりんごを持っており、りんごと馬1頭を「馬1頭=りんご150個」で交換していたとします。
そして、りんごは周りから「おいしい」と評判になれば、りんごの価値も上がります。
りんごの価値が上がれば、「りんご100個でいいので馬1頭と交換してくれないか」と話を持ちかけられるようになります。
反対に、りんごの評判が悪ければ、「馬1頭とりんごを交換したいなら、りんごは200個用意してくれないと交換しない」となります。

つまり、りんごの価値が上がるか下がるかで、馬1頭を買うために、用意しないといけないりんごの数が変わるということです。
為替についても同じで、円の価値が上がるか下がるかで、ドルを買うために用意しないといけない円の量が変わるのです。
別に、就職決まってたってwwwwでた方がいいよねwwwwwww

うんwwwwwwでた方がいいねwwwwwwwwwww


綱は何本在ってもいいもんねwwwwwwwwww




よし、そうしよう!
よくわからんけどwwwwwwwwピリピリしてんなwwwwwwwwww


よくわからねwwwwwwww空気悪いのあまりすきくないんだよねwwwwwwwwwwwww


別にバイトだから関係ないけども^w^^ww^w^wwwww^ww
数学頑張らないと。



数学やらないとなあ・・・w


数学って大事だよねw


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
ブログの評価 ブログレーダー